小規模マンションオーナーの日記


2月 28, 2021

大東建託のオートロック物件でアマゾン置き配が可能に


荷物の配達といえば、これまでは配達員から荷物を受け取って、そのさいにサインしたり押印するのがあたりまえでした。

それが最近になって、アマゾンの荷物はサインしたり押印することなく、ただ受け取るだけでよくなりました。

そしてそれがさらにさらに進んで不在時でも、ドアの前に荷物をおくだけでよい

置き配

という配達もだんだんと浸透するようになってきました。

大東建託パートナーズ管理のマンション。

この置き配ですが、配達員のほうも不在時でも、玄関前のドアの下付近に荷物を置くだけでよいので、配達しても不在のために持ち帰るというリスクがなくて、とても助かる制度だと思います。

また受け取る側も、不在時でも荷物を置いていってくれているわけですから、配達時間を見計らって、在宅するようにするといった煩わしい手間をかけることをする必要がありません。

また不在持ち帰りのために、荷物の受け取りが遅くなるということもありません。

 

しかしエントランスフロアに電子錠のあるオートロックのアパートやマンションの場合は、置き配がしにくいというリスクがありました。

というのも、置き配をしようにも、エントランスフロアの電子錠を解錠してもらわなければ建物内に入ることができませんので、不在の場合は解錠してもらうことができず、置き配ができないからです。

(さらに…)

2月 23, 2021

契約更新で入居者の家賃がどうなったか直ぐにわからないことがある

アパート画像

賃貸住宅で賃貸暮らしをすると2年毎に更新手続きを行うことが求められます。

ホームメイトのウエブサイトの「賃貸借契約の更新って何?」という記事にも

賃貸住宅に入居する際、借主と貸主との間で賃貸借契約が交わされます。その契約期間は多くの場合2年となっています。2年を過ぎて同じ物件に住み続けるとなると、契約期間満了後も引き続き住むということになりますので、そこで「賃貸借契約の更新」が必要になってきます。

引用:www.homemate.co.jp/useful/rent156/ (アクセス日2019/4/16)

と書かれていて、原則、住み続けたいならば、更新手続きを行う必要があります。

アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施行管理の木造アパート。

ところで大東オーナーであるならば、大東建託パートナーズのマイページから、入居者さんの更新手続きの状況を知ることができます。

具体的には建物定期報告書の入居状況のページの備考欄に、契約満了日の半年前ぐらいから更新手続中と表示されるようになります。

そして更新手続が行われたならば、備考欄の更新手続中の表示は消えてしまいます。

この備考欄の表示は、入居者さんが手続きを行い大東建託パートナーズが受付けたならば、直ちに表示は消えます。

この時、更新手続が行われたんだとオーナーは知ることができ、しばらくしてから契約更新完了状況のページで、更新手続の内容を知ることができます。

(さらに…)

2月 18, 2021

ウオシュレットの交換費用 大東ワランティで無料に

アパート画像

最近は便座はウオシュレット(温水洗浄便座)が標準装備になりつつあります。

賃貸住宅でも新しいアパートやマンションならばウオシュレットが装備されているのではないでしょうか。

とにかく寒い冬でも便座が温かくてトイレを快適に過ごすことができます。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

そして私の小規模マンションでも、全部屋のウオシュレットが装備されています。

 

ところでこのウオシュレット、とても利便性の高い設備ですが、その一方で、時々故障することがある機器でもあります。

多くの場合、電気を動力源としていますが、電気系統の故障などで、便座が温かくならなくなったとか、洗浄機能が動かなくなったなどのトラブルが生じることがあります。

 

先日のことですが私の小規模マンションでもそのようなトラブルがありました。

今回の故障は、洗浄機能が動かなくなったというものです。

そこで早速、管理会社の大東建託パートナーズに連絡を入れました。

オーナー専用の電話番号に電話すると、大東建託パートナーズの担当支店の受付のスタッフに電話がかかります。

この時に、故障の内容、また故障した設備と、さらに品番を伝えます。

すると、物件担当者から後ほど電話連絡するとのこと。

(さらに…)

2月 09, 2021

大東建託には入居斡旋力があるといっても募集家賃は・・

賃貸アパート画像

私も大東建託パートナーズ管理の小規模マンションオーナーなので、しばしば私の小規模マンションがあるエリアのなかの大東建託パートナーズ管理の他の物件の入居者募集状況などを、大東建託のいい部屋ネットのサイトから調べることがあります。

そうすると興味深いてんに気づかされることがあります。

以前ですが私の小規模マンションとよく似ていたマンションで昨年の夏ごろから4部屋ほど空室になっていた物件がありました。

夏から秋、そして秋から冬とずーと入居者募集をしたままで、入居者が決まらないままです。

このままこの物件は永久に入居者が決まらないのではないかと思いきや、1月~4月中旬ぐらいまでの、最も入居者需要が高まる時期に、すべて入居者が決まってしまったようです。

こういったところに大東建託の入居斡旋力を見ることができます。

過去においてもこれと似たような事柄は何度かあったように思います。

ですから大東建託パートナーズ管理の物件の場合、多少空室が増えることがあっても、ゆったりとした気持ちで待ち続けると、いずれは入居者が決まることが多いように思います。

ところで、大東建託のいい部屋ネットのサイトを注視して気づいた別の事柄ですが、今年の3月下旬ぐらいから入居者募集を始めたお部屋の場合、入居者募集家賃が安くなっているというてんが気になります。

(さらに…)

2月 02, 2021

大東建託の入居斡旋力には恐れ入りました

マンション画像

昨年のことですが、私の小規模マンションは大東建託パートナーズの管理のもとにありますが、9月中旬頃に退去がありました。

そして11月になり、さらに続けて2戸が退去となりました。

短期間に3戸も続けて退去がでるのは、初めての経験で、これもコロナの影響なのかと驚きましたが、それとともに、このマンションは大丈夫なのかと心配になってきました。

マンション画像

大東建託パートナーズ管理の賃貸マンション。

もちろん退去となった3戸の入居者募集も開始されましたが、なかなか年末にかけて入居者が決まりません。

内覧で、ちょこちょこ訪れているのは見かけるのですが、しかし決まりません。

入居斡旋力があるといわれている大東建託グループも、コロナという異常事態では、混乱していて入居者もこれまでのように、すぐには決まらなくなったのかと懸念をしてはいたのですが、そのうちに年末年始になり、今回の年末年始は私のマンションも、これまでにない閑散とした感じのものになりました。

良くいえば静かな年末年始だったともいえます。

年明けには、せめて3月中旬までには2戸は入居者が決まってほしいと願いつつ年が明けました。

そして年末年始の休みが終わり、不動産会社も動き出した初日ですが、1戸の申込が入りました。

(さらに…)

12月 31, 2020

大東建託の情報誌Go.Ro.Neは女性入居者に人気がある

賃貸アパート画像

先日のことですが、大東建託パートナーズによる定期清掃員によるマンション内清掃が行われたのちに、1階の集合ポストに、消防定期点検のお知らせの用紙と、大東建託の情報誌のGo.Ro.Neが投函されていました。

残念なことに一部の入居者が、消防設備点検の用紙のほうを不要チラシ入れに捨てていました。

消防設備点検は、半年に1度行われている、重要な行事ですが、全く協力する気がない入居者がいるのは残念なことです。

その一方で、大東建託の情報誌Go.Ro.Neのほうは捨てられていなかったので、どうやら持っていったようです。

賃貸アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところで私の小規模マンションは大東建託パートナーズ管理の建物で、入居者は女性入居者の多いマンションです。

なので、消防設備点検の用紙のほうは捨てておきながら、Go.Ro.Neのほうは捨てずに持っていったのは女性入居者と思われます。

実際のところ私も、不要チラシ入れをチェックして、どんなものが捨てられているかをチェックしていますが、残念なことに消防設備点検のお知らせの用紙は、しばしば捨てられているのを見ることがありますが、その一方で大東建託の情報誌Go.Ro.Neのほうは、捨てられているのをあまり見かけることはありません。

(さらに…)

12月 13, 2020

タブレットが社会で急速に普及 大家も使いこなせたほうがよい理由

りそな銀行画像

この数年、スマホ以上に普及してきたのがタブレットです。

代表的なタブレットの1つがiPadです。

操作は基本的にはアイフォーンと同じで、アイフォーンを使いこなしているならば、だれでもすぐに使いこなせます。

もちろんiPad以外のタブレットを活用している方も少なくないでしょう。

ところで時々、訪問してくる銀行員も最近はタブレットを持ち歩いているようで、以前は書類に目を通してトークしていたのが、今ではタブレットを見ながら説明をしたり、また一部の契約などはタブレットで完結してしまうものもあります。

さらにはホテルの受付でも、以前はチェックインのさいに書類に氏名や住所、電話番号を書き込んでいたのが、最近では一部のホテルでは、チェックインの時に書類ではなくタブレットに書き込む方式になっているケースもあります。

さらにはNHKの集金担当者?も最近では、タブレットを持ち歩いて、それぞれの世帯の受信料の支払い状況とが、スピーディにわかるようになっているようです。

このようにビジネスのあらゆるシーンでタブレットの使用が急速に普及しており業務をスピーディにこなせるようになっています。

 

(さらに…)

12月 06, 2020

電動自転車のシェアサービスが大東建託物件での提供が始まる

賃貸アパート画像

ウイズコロナの時代、売れている商品のなかに自転車があります。

なぜ自転車が売れているのかというと、やはり感染対策として公共の交通機関の利用は極力控えて、多少の近場ならば、自転車を利用しようという気運があるからではないかと思います。

しかし、この自転車ですが1台あたりの価格が、通常は1万円~で、けっして安くはありません。

とりわけ電動自転車となると、高価です。

となると、たまにしか利用しないならば、自動車のようにレンタカーやカーシェアという形で利用できないものかと考えてしまうこともあります。

賃貸アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところでこのてんに関して、大東建託のニュースリリース2020/10/6には「小型電動アシスト自転車のシェアサイクルサービスに関する実証実験を開始 交通インフラとしての賃貸住宅の新たな価値創造を目指す」とのニュースが配信されました。

具体的には、大東建託パートナーズが、 株式会社Luupと業務提携契約を締結し、10月15日より同社が展開する小型電動アシスト自転車のシェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」の本格導入に向けたポート設置とサービス提供の実証実験を開始しするというのです。

(さらに…)

11月 29, 2020

建設事業が不振の大東建託 好調の管理業務で挽回?

賃貸マンション画像

最近はどこの建設会社も賃貸住宅建築は減少しています。

以前、大東建託のオーナーが集まる支部報告会に出席した時に、大東建託側は賃貸住宅建築減少は認めていたものの、その理由は「相続税改正後のブームが落ち着き今は安定期に入った」といった表現をされていました。

たしかに、その通りだと思いますが、それだけではないように思います。

今後は大東オーナーとの関係を深めて建築のリーピートなどを強化していくことでしょう。

ところで賃貸住宅建築の増加があまり見込めないのは、積水ハウスや大和ハウス工業、大東建託すべてに共通した事柄ですが、その一方で管理業務のほうは順調に伸びているというてんでも共通しているようです。

このてんでのキーワードは管理戸数と入居率というてんになりますが、管理戸数では断トツでトップの大東建託も積水ハウスや大和ハウス工業も管理戸数は着実に伸びているようです。

建築においては伸び悩んでいても、しかしそれでも着実に管理戸数は増えているということは、物件オーナーの満足度が3社ともにまずまずで、管理替えも比較的に少数ということもあるのでしょう。

3社ともに、おそらくは管理替えされないように物件オーナーへのサービスや配慮も行われているものと思われます。

(さらに…)

11月 03, 2020

マンションも10年を超えるとエアコン故障が相次ぐ


私は小規模ながらマンションオーナーをやっています。

建物管理は大東建託パートナーズが行っています。

ところで先日のことですが、入居者が退去された後に、お部屋にクリーニングなどの原状回復作業が行われたわけですが、それからしばらくして、そのお部屋のエアコンの交換工事が行われていました。

この時に、エアコン工事を行っている作業員に近づいて、「エアコンが壊れていたのですか」と尋ねてみると、「壊れたわけではないが、もうかなり長く使用されていたので交換しているんです」とのことでした。

たしかにもう私のマンションも竣工から10年超になっていて、この前の夏も入居者さんの申告で、エアコンの交換工事が行われた、お部屋もありました。

マンション画像

大東建託パートナーズ管理の賃貸マンション。

以前のことですが、大東建託パートナーズの担当者が、「建物も10年が超えるてくると、ぼちぼちエアコンや給湯器などの建物設備が故障したり壊れたりします」と言っておられましたが、まさにそのとおりになっています。

ところで、エアコンや給湯器などの建物設備の修繕や交換工事は入居者からの修繕や交換をしてほしいとの申告があって初めて行われるものと思っていましたが、今回のように入居者が退去してから原状回復工事の一環として行われることがあるんだなあと思いました。

(さらに…)