小規模マンションオーナーの日記


6月 10, 2021

リモートワークに適した住居とは 大東建託の取り組みは


リモートワークが普及するなか、単身者の場合は、リモートワークといっても部屋のレイアウトを少し変えるぐらいで、すぐにリモートワークに対応できることでしょう。

しかし家族で住んでいるならば、リモートワークで仕事をするためには、リモートワーク用の部屋を確保するなど、様々な調整をしなければなりません。

とくにリモートワークの課題の1つは仕事に集中できる環境にできるかどうかにあるようです。

そこで集中して仕事の行える環境にするためのポイントとなることは

 

・誘惑するものをなくす、そして目に入らないようにする

ことなんだそうです。

ですから自宅のリビングはまずは向かないといえるでしょう。

リビングには集中力を阻害するような誘惑となるものが多いからです。

例えばテレビやゲームなどがあるかもしれません。

 

・身の回りに必要なものを揃えて不必要に立ち上がらないようにする

ことも集中して仕事をするうえで重要なようです。立ち上がるたんびに、誘惑となるものに集中力が妨げられてしまうことがあるからなんだそうです。

 

・さらに室内の照明は青みがかった白色の「昼光色」が最適

のようです。というのも青みがかった白色の「昼光色」が集中力を高めるのに最も適しているからです。

 

他にも生産性を高めるために行えることは幾つもあるようですが、確かなことはテレワークを行うのは、どんな部屋や場所でもかまわないというわけではないということです。

場所や環境を注意深く整えなければ良い仕事を行えないのです。

(さらに…)

6月 08, 2021

大東建託 他社よりも遅れている海外事業の挽回は?


一括借り上げで、というかサブリースで賃貸住宅経営をしているならば、サブリース会社の経営状態には注視し続ける必要があります。

というのもサブリース会社の経営が悪化すると、そのシワ寄せが物件オーナーに及ぶことが少なくないからです。

過去においてはレオパレス21の物件オーナーでそのような事柄が生じましたし、2018年においてはスマートディスの物件オーナーでそうした事柄が生じています。

もちろん大東建託や積水ハウスといったサブリース大手で、今すぐにそうした事態が生じることはないのかもしれませんが、しかし絶対に生じないとも言い切れません。

私も大東オーナーの1人として、大東建託の業績を注視していますが、多くの分野で好調を維持しているようですが、懸念されている分野があります。

それは主力ともいえるアパート建設の分野です。

多くの専門家が主力のアパート建設の先細り懸念を示しており、現実にアパート建設受注が前年比微減状態が続いています。

 

一方で国内ではこういう状況のなか積水ハウスなどは業績が好調で株価も上昇しています。

なぜなのでしょうか。

それは海外事業に強みがあるというてんにあるようです。

(さらに…)

6月 05, 2021

大東建託 新しい入居者から更新料がかかるようになる

アパート画像

賃貸住宅入居者は、契約期間は通常2年で、継続して住む場合は、契約を更新することになります。

この更新のさいに更新料が求められることがあります。

この更新料ですが、賃貸人にとっては収益となり、家賃の1カ月分などを請求する場合があります。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

しかし最近は、賃貸住宅経営が一括借り上げによるものが多くなるにつれて更新料が求められない場合も多くなってきました。

とりわけ賃貸住宅最大手の大東建託は2年更新時の更新料を請求することはなかったので、賃貸住宅全般の流れとしては更新料0円が、広まりつつあったように思われます。

 

しかし2021年8月より、大東建託グループが方針を転換するようです。

というのも2021年8月以降に新たに大東建託パートナーズ管理の物件に入居する入居者には2年更新時に更新料11000円が請求されることになります。

対象となるのは2021年8月以降に新たに大東建託パートナーズ管理の物件に入居する入居者です。

なのでこれまでに入居している入居者は、これまで通り2年更新時に更新手数料が請求されることはありません。

入居時に示された更新料0円は、これまで通り0円です。

(さらに…)

5月 29, 2021

高齢者の旺盛な賃貸住宅需要 大東建託の取り組み

賃貸アパート画像

高齢者の比率が高くなっている昨今、賃貸住宅業界でも、高齢者の入居を無視することができなくなっています。

というか、問題のない高齢者であるならば、資金力もあるために家賃滞納リスクもあまりありませんし、さらに引っ越し退去ということもあまり生じることもなく長期入居してくださることもあります。

なので比較的健康で、経済的にも安定している高齢者は、ぜひとも入居してほしいものです。

このようななか賃貸住宅最大手の大東建託が高齢者入居者を対象にしたと思われるサービスを始めるようです。

賃貸アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施工管理の木造アパート。

このてんについて、日本経済新聞2020/7/28の「大東建託、入居者向け生活支援サービス」という記事には

大東建託は入居者向けに、買い物代行など生活を手助けするサービスを紹介する取り組みを2021年秋に始める。同社と取引のある提携事業者によるサービスを集めたプラットフォームをネット上に立ち上げ、大東建託が管理する賃貸住宅の入居者に提供する。生活環境の充実につながるとして、住宅利用者の取り込みにつなげる。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61975280Y0A720C2MM0000/(アクセス日2020/7/29)

と報じました。

(さらに…)

5月 20, 2021

大東建託グループの入居斡旋力 盲点があるとしたら


私の所有物件は大東建託パートナーズ管理の物件ですが、最近は退居のあとの次の入居者がなかなか決まらない傾向を感じます。

もちろん全国的には大東建託物件の入居率は95%以上を維持してはいるのですが、入居斡旋となると担当支店の担当者の能力にバラツキがあるのか、最近はなかなか入居者が決まりません。

私の物件だけでなく、私の周辺エリアの他の大東建託物件でも半年以上や1年近く入居者募集をしていても入居者が決まらない物件が幾つかあります。

なぜなんだろうと思うことがありますが。

たしかに周辺の不動産会社にも、入居斡旋を依頼していますし、インターネット広告でも、入居者募集の画面が表示されることがあります。

ですから入居斡旋の努力はしているようなのですが、何かが足りない・・。

その足りないものの1つは入居斡旋対象の物件に、大東建託グループの担当者が実際に足を運んで、入居者募集のポスター等を貼ったり物件の周辺をじっくりと観察するといった事が、足りないのではないかと思います。

つまりはパソコン操作や電話等で入居斡旋作業は行っているのでしょうが、担当者がこまめに物件まで足を運んで物件の魅力を確認したり、入居者目線でどうすれば内見で訪問したお客を契約へと結びつけることができるかといったてんをチェックし、物件に多少の調整を加えるといった努力が足りないのではないかと思います。

(さらに…)

5月 16, 2021

大東建託をあの週刊新潮も連載記事で批評していた


最近ですが、週刊新潮が連載記事で大東建託を批評する記事を掲載していたようです。

その内容は、大東建託本社から支店に課された厳しいノルマ、そしてノルマを達成するための支店の不正行為といったところのようです。

また支店長などの管理職にノルマ達成のための極度のプレッシャーがかけられているというてんです。

大東建託パートナーズ管理のアパート。

大東建託の本社は、支店の不正行為についての事実を否定しているようですが、うすうすそういったことが行われていることについて知っているのではないかと私は思います。

ただ今回の週刊新潮が報じていることは

大東オーナーや入居者には実害がない

ことです。

あくまでも大東建託グループ内の問題で、今後は是正されていくことを期待しています。

ところで大企業の場合はどうしても支店ぐるみの不正行為というのは起こりえることで、大東建託だけでなく、他の建設会社や銀行業界、メディア業界・・など他の業界でも起きていることです。

 

例えば新聞販売店などは、あたりまえのように二重帳簿を作り、本当の帳簿と新聞社に提出する帳簿とを使い分けています。

しかもその不正帳簿の作成に、これもまた大手の会社がそのためのソフトを新聞販売店に提供し不正を助けていを助けてるとか・・。

 

いずれにしても共通しているのは本社から課せられている厳しいノルマ達成を見せかけるために、支店ぐるみで不正に手を出すことです。

昔は住友銀行や東京海上の支店長や管理職の自殺が幾らかあったと聞いていますが、本社からのプレッシャーのためにそういう事が生じていたようです。

(さらに…)

5月 04, 2021

大東建託の35年保証の謳い文句がなくなっている?


賃貸住宅経営が、サブリースによるものが主流になりつつあるなか、サブリースによるトラブルも増えてきました。

例えば「かぼちゃの馬車」の運営会社の破たん、レオパレス21の施工不良や賃料減額トラブル等などがあります。

そのようななか、2020年12月15日、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」=賃貸管理適正化法が施行されました。

正直言って、この法律によって何がどう変わったのか、ぴんとこないオーナーさんは少なくないと思いますが、私もそうです。

しかし今回の法律は、かなり効力のあるもののようで、とりわけ物件のオーナーさんをサブリース会社から守る意味合いは大きいようです。

 

ところでこの法によって何が変わったかというてんですが、それは

「サブリース業者の禁止行為と罰則」を規定したということです。

そいてその禁止行為は2つあって、

①誇大広告と

②不当な勧誘行為

が具体的に禁止されました。

そのうちの誇大広告については、サブリース業者が支払う家賃等で「著しく事実に相違する表示をし、または実際のものよりも著しく優良であり、若しくは有利であると人を誤認させるような表示」をすることが禁じられました。

なので「新築当初の賃料を35年間保証!」などの広告は、当然のこと、今回の法に抵触するわけです。

(さらに…)

4月 27, 2021

大東建託との一括借り上げならば空室リスクにさほど怯えることはない

アパート画像

今朝、大東建託パートナーズがオーナーに提供している、大東オーナーマイページを閲覧していると、新たな退居予定者がいることがわかりました。

約4カ月前にも退居予定者がでて、いまだに入居者募集をしていても入居者が決まらないなか、またもや退居、そして空室が増えそうです。

いささかショックでした。

しかし冷静になって考えてみると、私の賃貸住宅経営は大東建託との一括借り上げによるものです。

ですから空室が多少増えたからといってジタバタする必要はありません。

そしてそもそも空室のリスクは以下の3つの事柄といわれています。

①入居者募集のために費用がかかる。

②空室の多い物件だと担保価値が下がる。

③銀行への返済ができなくなる。

というてんです。

これらのリスクを1つずつ考えていきますと

①のてんについてですが、一括借り上げの場合は、入居者募集のために物件オーナーが費用負担をすることはありません。

ですからこの面でのリスクはありません。

②についてですが、空室が多いと担保価値が下がるということですが、これまで銀行への返済実績を積み上げてきているのならば貸し剥がしに遭うことはないと思われます。

そして追加融資を申し込む予定もなければ担保価値が下がったからといって慌てることはないでしょう。

(さらに…)

4月 25, 2021

大東建託が有給取得8割を目標 週刊新潮の批評とは違う方向へ


時々ですが、一部メディアによって大東建託を批評する記事が掲載されることがあります。

最近も週刊新潮が大東建託を批評する記事を掲載していたようです。

今回の批評の主なてんは、大東建託の営業には過酷なノルマが課せられたり、パワハラが頻発して、精神的に追い詰められる社員が少ないといった内容のものです。

もちろん、この週刊新潮の記事を詳しく読んだわけではありませんが、書いていること自体は、実際はあったんだろうなあという気はしますが、しかし建設会社の営業というのが、そのようなものだという認識があるならば、インパクトはあまりないような内容です。

まず過酷なノルマということですが、これはどこの大手の会社が社員に課すもので、銀行や保険業界でも行われています。

昔は住友銀行や東京海上の社員の自殺がしばしばあったようですが、それは課せられたノルマによるところがあったようです。

実際のところ企業も業績を上げなければならないので、どうしても社員にもそれなりの働きをしてもらわなければならないので、そのためにはノルマが必要とされるようです。

さらにパワハラについてですが、週刊新潮の記事によると、成績の振るわない支店の管理職社員が、大東建託では特別な訓練を受ける制度があるようで、そこでかなりきついパワハラのような扱いを受けるといったことが、書かれていました。

(さらに…)

4月 22, 2021

大東建託の仲介件数が減少 他の大手も軒並み減少


コロナの影響がなかなか収まらないなか、賃貸住宅の状況も多少変化しているようです。

そしてその変化の1つが、賃貸住宅の仲介です。

大東建託をはじめ、他の大手の不動産会社も軒並み賃貸住宅仲介件数を減少させています。

大東建託パートナーズ管理のアパート。

具体的には、大東建託233,277→227,706件、ミニミニ154,808→145496件、東建コーポレーション79,188→75,437件、ハウスメイト71,179→67,324件、タイセイ・ハウジー・ホールディングス53,458→49,550件、スターツグループ42,564→39,992件と仲介件数を減らしています。

もちろん大きな減少ではないにしても、大手に不動産会社がそろって減少させていることには、なんらかの要因がはるはずです。

ではその要因とは何でしょうか。

それは

社宅代行つまりは

法人契約が減少

していることにあるようです。

それで大手のなかでも、とりわけ法人契約に強かった、ハウスメイトやタイセイハウジーそしてスターツは、その影響を大きく受けているようです。

しかしそのなかでも大東建託の減少率は、他社よりは減少率が小さく、やはり入居斡旋力の強い会社ということなのかもしれません。

(さらに…)